Last modified: Monday, September 25, 2023

Quartus Prime Lite Edition 20.1.1 (Linux)のよくある質問(FAQ)

Windows版のよくある質問(FAQ)は別ページに置いてあります。

64ビット版Quartus Prime Lite Edition (Linux)のModelSimでシミュレーションを開始すると処理が止まってしまいます

ModelSim, 64bit, Halt on Simulation

ModelSimでシミュレーションを開始した時(正確にはvsimの呼び出し時)に処理が止まる場合、不足しているライブラリの追加が必要です。 この場合、処理が止まると言ってもシステムやアプリそのものはフリーズしていません。

Quartus自体は64bitバイナリですが、ModelSimは32bitバイナリのようで、32ビット用のライブラリが不足していることが原因です。以下の手順で足りないライブラリを追加します。

  1. sudo dpkg --add-architecture i386
  2. sudo apt-get update
  3. sudo apt install gcc-multilib g++-multilib libxext6:i386 libxft2:i386

インストール先のディレクトリ(デフォルトでは ~/intelFPGA_lite/20.1/modelsim_ase/linux)に移動し、vsimを実行してみてウィンドウが表示されれば完了です。

ウィンドウが表示されずに "error while loading shared libraries: lib***.so.2: cannot open shared object file: No such file or directory" のようなメッセージが表示された場合は、apt install で不足しているライブラリを追加していきます。

他にも、Quartus起動時にFailed to load module "canberra-gtk-module" というメッセージが表示された場合は,sudo apt install libcanberra-gtk-module のようにしてgtkモジュールをインストールします。


Quartus Prime LiteのFPGAデバイス選択時にCyclone Vが見つかりません

FPGA Device, Missing Cyclone V

インストール時にCyclone Vのデバイスサポートを選択していない可能性があります。 次のポイントを確認してください。

[Individual Files]からダウンロードした場合
正しいファイルはcyclonevから始まるものです(vが付くことに注意)。cycloneから始まるファイルは3種類あるので、よく見てダウンロードしてください。また、インストール時にCyclone Vのチェックを外していないか確認してください。
[Multiple Download]からダウンロードした場合
必要なファイルはすべてダウンロードできているはずなので、インストール時にCyclone Vのチェックを外していないか確認してください。

関連ページ


布目 淳 (nunome@kit.ac.jp)