KUE-CHIP2シミュレータについて

以下はすべて,科研報告書からの抜粋です. 詳しくはそちらをご覧ください.

シミュレータの構成

メインウィンドウは, 大きく分けてプロセッサの内部状態を表示する部 分とプロセッサの動作を制御する部分からなる.

表示部

表示部には実行中のフェーズ, 各レジスタ, フラグの値が表示される. これらを利用することで プロセッサの動作観測が行える.

KUE-CHIP2教育用ボードでは各レジスタ, フラグの表示はスイッチで 観測したい対象を選び2種類の7セグメントで確認する. 本シミュレータでは すべてのレジスタの値, フラグの状態を常に表示しユーザがスイッチ を用いてそれらを切替える必要がない.

制御部
制御部にはSS, SI, SP, RESETボタンがあり, これらはKUE-CHIP2教育用ボードと同様の機能を提供する. 主としてこれらの4つのボタンでプログラムの実行, 停止, 再開 などを行う.

本シミュレータでは, これらに加え以下の3種類のボタンがある.

MEMORY
このボタンを押すことで, メモリエディタ・ウィンドウが表示される. プログラムやデータの入力にはこのウィンドウを使用する. 変更したいデータ(1バイト) を反転表示させ, 値を16進数で入力することでメモリの内容を変更できる.
BLOCK
このボタンを押すことで KUE-CHIP2のブロック図が表示される. プロセッサが動作中は, 有効となっている制御線が赤色で表示される.
LOG
このボタンを押すことでログ・ウィンドウ が表示される. 必要に応じてプログラムの実行中の実行履歴を記録することが できる.

これらの他に以下のようなユーザインタフェースが提供される.

Normal
プログラムの実行速度を5段階に調節できる.
Instruction:
実行中の命令をニーモニック表示する.
Total Phases
プログラムの実行を開始してからの総フェーズ数を表示 する.
Total Instructions:
プログラムの実行を開始してからの総実行命令数を 表示する.
State:
現在のシミュレータの動作状態(STOP, RUNNING, BREAK, RESET のいずれか)が表示される.