KUE-CHIP2シミュレータについて

以下はすべて,科研報告書からの抜粋です. 詳しくはそちらをご覧ください.

目的

本シミュレータの開発の目的は以下の2点である.

  1. KUE-CHIP2教育用ボードのユーザインタフェースの改善
  2. ネットワークを利用した情報処理教育用ソフトウェアの開発

KUE-CHIP2教育用ボードには動作制御や観測を行うためのスイッチ, 表示用LEDが備 わっている. 本シミュレータでは, これらのユーザインタフェースに加えプログラムやデー タの入力, 表示, プロセッサの動作確認などをより迅速に行えるようにいくつ かの機能を追加した. これにより, KUE-CHIP2を用いた計算機実験をより円滑に進めることができる.

さらに, Java言語を用いてシミュレータを開発することにより, インタネット を介しての計算機教育を行うことができる. つまり, インタネットに接続され ており, WWWブラウザが利用できる計算機環境があればどこからでもシミュレー タを利用することができる. このことは, 将来のネットワークを利用した情報 処理教育の可能性を示唆するものである.

開発経緯

本シミュレータの開発は, 1996年4月から新實治男助教授の提案で開始した. 開発に利用した環境, 作業時間などを表に示す. 主と してSolaris2.5上で開発を行った. 開発の際には, 参考書 およびJava言語に関する メーリングリスト(Java House ML, Java House Brewers ML) などを利用した.

開発環境および作業時間
開発環境
  • Solaris2.5
  • Windows95
  • MacOS
開発用ソフトウェア Java Developers Kit(1.02 release)
作業時間9ヶ月(実質約60日)