KUE-CHIP2シミュレータ使用法 | [English]

メモリ内容の一括入力・変更,保存

Memory Operation Dialog Box [Memory]メニューから[Operation...]を選択すると右のようなダイアログ が表示されます.

このダイアログで,次の3つのメモリ操作を行うことができます. これらの3つの操作はラジオボタン形式でいずれか1つを選びます.

Fill Memory
値の一括入力を行うことができます.Start address:から End address:までのメモリの内容をData:の値で埋めます.
Move Memory
Start address:からEnd address:までのメモリ内容を Move To:の指すアドレスに移動します.移動後元のアドレスの メモリ内容は00Hになります.
Copy Memory
Start address:からEnd address:までのメモリ内容を Copy To:の指すアドレスにコピーします.
また,スタンドアローン版では,[File]メニューの[Save Memory...]で メモリ内容をファイルに保存することができます. このファイルは,次回シミュレータを使用するとき[File]メニューの [Open...]でメモリに読み込むことができます.